バッテリー寿命延長・燃費向上、節電と長寿命の照明、工場の臭い・粉塵・油煙を消す、立体機械式駐車装置メンテナンス|株式会社ジャパンハイテクサービス

お問い合わせTel.042-542-1781


:セイロ単独型

初期蒸しと仕上げ蒸しに分離
食品の加熱加工は必ず二段階に分けて熱の与え方を変えることが、高品質化のポイントです。

《用途》
赤飯(小ロット型)12セイロ/時間、餅・饅頭・野菜など

:バッチ連続型

工二段積横移行型(6〜9ゾーン型)
自動蓋開閉・自動シャワー組込み可
《用途》
赤飯(自動量産型)12セイロ/時間、餅・饅頭・野菜

《セイロ蒸しの事例》
●赤飯の蒸し条件
1) 初期蒸しの蒸気圧は0.01MPa〜0.02MPa(kgf/cm2)の圧力が基本である。
2) 温度は105℃以下が理想
3) 蒸し時間:初期蒸しに20分とコツウチ後に仕上蒸し20分
4) シャワー温度60℃(平均)
お赤飯は冷えたら固くなるのが普通と考えられていますが、ムシマルクンで蒸し上げたお赤飯は3日経ってもソフトな状態を保ちます。 蒸し上がりの良いお赤飯は米、一粒一粒が最大限の膨らみをします。
米粒は透明感のある照りが出ます。 表面がしっかりしているので粘りは少なくさらっとした感じがあります。歩留まりは向上し1.8〜1.9、場合により2の数値が出るこもとあります。

:BOX式蒸し庫HTC型

庫内温度100℃を中心とした蒸しを行います。
初期昇温は0.01MPa〜0.02MPa(kgf/cm2)の圧力
仕上げ蒸しは0.001MPa〜0.002MPa(kgf/cm2)の圧力、微圧計

《用途》
饅頭、和菓子、サツマイモ等
饅頭は生地にも重要なノウハウがありますが
厚皮で20分以上の蒸しを行っても、皮に破れが入りません。
粉の物性は15分位くらい迄は粘性が残りますが、以後は粘性がなくなり弾性へと変化してまいります。この蒸し込みが経時変化の中で十分に保水性を保つ皮へと変身するのです。

:低温域タイプ-BOX式低温蒸し庫LTC型

熱湯の潜熱を100%応用した全く新しいシステムで、温度は40℃〜90℃くらい迄自由に設定できます。
燃費は省エネ型で、庫内の上限と下限の温度差は、0.3℃と極めて安定しています。
《用途》
1) 厚揚豆腐の前処理
(80℃/30分)表面の仕上がりが滑らかで照りが出ます。
2) 温泉玉子
(70℃/25分)全く斑がありません。
3) ローストビーフ
(65℃/45分)ドリップが少なく、内部の色調が桜色に仕上がります。
4) 煮魚の前処理
(85℃/10分〜12分)煮くずれがなく、冷めても固くなりません。
5) 焼き魚の前処理
(85℃/10分〜12分)冷めても固くなりません。
6) 玉子豆腐
(90℃/15分)泡立ちがなく、均一な蒸し上がりとなります。
7) 漬物の前処理
材料により変わります。
8) 揚物の前処理
油槽通過時間の短縮化、油の酸化防止、燃料の節約。


:LTC型低温殺菌装置

【低温殺菌システムフロー】


【LTC型殺菌装置の特徴】
1) 使用済み熱エネルギーは全量吸収し、排気ダクトが不要。
2) 殺菌むらが無い。
3) 殺菌効率が良い。
4) 温度むらが無い。
5) 直接殺菌では通常の3倍の能力。
6) 秒速70cmの速度で設定温度の水蒸気が庫内を移動することで温度誤差は、設定温度の0.5℃以内である。
7) 昇温時間が早く確実。
8) コンテナ段積殺菌で省力省スペース達成。
《生蒸気式殺菌装置との比較》
  LTC型 生蒸気式
温度 流動温度 雰囲気温度
温度差 極めて安定 上下の誤差が大
蒸気 蒸気は再利用 廃 棄
昇温時間 早い 遅 い
水蒸気 水蒸気が通過する 通過しない
過熱 無い 場所により発生
品質 品質の向上 場所により低下
その他 時間短縮









  by Adart link Page Top
Copyright & Copy; 2013 Japan hightech service co., ltd. All rights reserved.